FC2ブログ

士業(サムライ)日記  専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

災害時に備えるウォーキング 

 この連休を利用して、職場から自宅までのウォーキングをやってみました。
災害を想定して、兼ねてやっておきたいと考えていた試みです。

 東日本大震災の時には、地震の後家族の安否を確かめようとしても、ケイタイやメールなど連絡が通じなくなりました。
夜の10時くらいに電車が動き始めるらしいと聞いて駅に向かったのですが、大変な混雑と、余震の度に安全確認で止まったりするのとで、殺人的な満員電車の車内でぼろぼろになりながら通常1時間ほどのところ4時間以上かかって未明頃ようやく家に着きました。
 ヘトヘトになりながらも、そこで初めて家族の無事を確認できて胸をなで下ろしました。

 近くの職場で働いていて、同じ市内に住んでいる友人は、いつも車で通勤していて、その日も車で帰宅を試みたそうなのですが、車も大変な混雑でまともに進まない麻痺状態で、家に着いたのは明け方近くだったと聞きました。

 周りの人たちに聞いて見ると、安全なところで一晩待ってから帰宅するのが一番帰宅の負担がなかったようですが、何しろ職場にいて家族と連絡が取れないと、どうしているか心配で、なんとかして早く帰って家族の安否を確認したいと思ったものでした。

 そこで今回、いざというときに備えて一度家まで歩いてみようと試みてみたという次第です。
普段一時間あまりの通勤時間ですが、スマホの地図で経路を確認すると24キロくらい、実際に歩いてみたところ、途中でお昼を食べたり休憩した時間を含めてちょうど7時間くらいで家に到着しました。
歩いている時間は正味で5~5.5時間だったと思います。
私と家内と息子(中学生)の三人で歩いたのですが、私一人だともう少し早く着いたかもしれません。
この距離を歩いたのは初めてでしたので股関節に少し痛みが生じたり疲労はありましたが、多少の余力はあり、翌日外出するのにもそれほど苦痛はありませんでした。

 ただし、当日はわりとさわやかな天気で、朝9時過ぎに出発したのですが、昼過ぎくらいに暑さを感じたくらいで、気象条件はとても良好でした。歩きやすい服装と運動靴で、水も随時自販機やコンビニで買いましたので、荷物もさほどありません。
それに対して、もしもの時は季節もいつかわかりませんし、仕事からの帰りであれば、スーツに革靴ということになりますので、かなり条件は違うだろうと思います。水も途中で不自由なく買えるとは限りませんし、水を持って歩くのであれば荷物も重くなります。
念のためにPCを持って帰ろうと考えたりしたら、通勤用の鞄を担いで歩くのはかなり負担が増すものと思います。夏場であれば日中に歩くのは避けるべきだと思いました。

 家内は交通が復旧するまでは職場で待機した方がいいという意見でしたが、家族の無事が確認できればそうするかもしれませんけれども、連絡が取れなかったらやはり早く帰りたいと思いますし、やっぱり一緒にいられたらその方が安心です。

 今回は長い休みでしたので、思い切って歩いてみて大変いい経験になりました。
好天に恵まれて軽装で歩いたとはいえ、思ったより負担を感じずに歩けたのは収穫でしたが、意外とあまり体重が減らなかったのはちょっと残念でした。
スポンサーサイト
日常 /  Trackback -- /  Comment --

△page top