FC2ブログ

士業(サムライ)日記  専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

経営計画発表会 

【経営計画発表会】
by 岩松琢也

 丸の内アドバイザーズの岩松です。

 先日、関与先の会社様の経営計画発表会にお招きいただきました。
その会社では、年度の初めである4月の第1週に経営計画発表会を開催しております。
経営計画発表会には、ほとんどの社員が参加し、そのほか取引先や金融機関なども招待されています。そして、社長が全社の今年度の目標と計画を発表するのに続き、各部署や店舗ごとにそれぞれの目標と計画をプレゼンしていく全員参加型のイベントとなっています。その後は席を改めて懇親会となり、わたしも従業員の方たちと並んでお食事をごちそうになりました。

 発表会では、何年か前から、社長は事業承継について話しをしており、自分が数年後には社長を退くこと、その後、会社は持ち株会社制へと移行し、それぞれの事業会社のトップに権限を委譲していくこと、などのビジョンを語っておりました。今年は、いよいよ明確に引退の時期を明言し、後を引き継ぐ後継者は覚悟と決意を新たにしているように見受けられました。まだ社長は元気で経営に対する意欲にも衰えは見られませんが、元気なうちに後ろに下がって、若手を後見し、教育しようというお考えと見受けられます。元気なうちに時間を作って、少しは奥さん孝行もしようかというお気持ちもあるようです。

 懇親会の時など、何人かの従業員や若手幹部の方とお話しをしましたが、みなさんの士気は高く、招待されていた経営者仲間の方は「自走の段階に入っている(トップがあれこれ指示をしなくても、従業員たちが自発的に考えて行動をしている状態)」と褒めておられました。

 この会社では、全社的にビジョンを共有し、社員全員に会社経営への参加意識を持たせるとともに、トップの交代に備え幹部に意識を持たせ、会社のさらなる発展へとベクトルを上向きにさせるのに、非常に効果的に経営計画発表会を利用しております。

 事業承継を進める経営者の方には、是非このような事例を参考にして、事業承継の施策の一環に加えることをお勧めいたします。
スポンサーサイト
会社経営 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。