FC2ブログ

士業(サムライ)日記  専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

JALとANAの姿勢の違い 

【JALとANAの姿勢の違い】
By 岩松琢也

先日、九州に出張したときのことです。
 早朝の便で羽田から佐賀空港へ飛び、レンタカーで佐賀から福岡へと移動して、帰りは福岡空港から羽田に夜の10時半に着くというスケジュールでした。

佐賀と福岡での仕事は予定通りに進み、ちょっと空いた時間に中州で食事をして、福岡空港にちょうどいい時間に着いて、ほっとしたところが、案内板をみると飛行機が遅れているとの表示です。どうやら羽田空港で集中豪雨があり、多くの便が羽田を出発できないでいるようでした。

私はANAの便だったのですが、ANAの便は遅れるとだけでどの程度の遅れなのかが表示されていません。一方JALの羽田便はだいたい1時間半くらいの遅れと表示されています。同じ羽田-福岡便であればANAも同じくらい遅れるだろうと読んで、仕方がないのでお茶を飲んで待つことにしました。

ところが30分たったくらいでふと気がつくと、ANAの便だけは時間通りになっています。その時点でフライトの15分前くらいでしたので、慌てふためいて荷物検査に向かい、ぎりぎり滑り込むようにして乗り込みました。JALは予定時間が表示されていたのに対して、ANAはずっと時間の表示がなく、ただ遅れるとの表示しかありませんでしたので、私たちと同じようなドタバタがあちこちで発生しており、随所でクレームの声も聞こえました。

ただ、検査所を通るときに案内板をもう一度みると、ANAが時間通りになっているのに対して、JALは当初の遅れ時間が変わっていません。一方ANAの便は、離陸の時間は少し遅れたものの、羽田に着いた時間は予定通りの10時半でした。JALが1時間半遅れているのを見たときは、羽田で泊るところを探すか、行けるところまで行ってタクシーを拾うかと考えていたのが、結果的に予定通りの時間に帰れて、助かりました。JALの方は最初の案内通り遅れたままだったようなので、JALを予約していたらその日のうちには家に帰れなかったかもしれません。

 飛行機に乗るまでは、JALは予定時間が表示されているのに、ANAは時間がわからなくて不親切だといらいらしましたが、結果をみて好意的に解釈すれば、ANAの方は極力時間通りになるよう、努力中だったため、時間が表示されていなかったのかもしれません。そう考えると、かえってJALよりもANAの方が一生懸命少しでも遅れを挽回できるようにとがんばってくれたのだなと好意的に思えてきました。帰りの飛行機では、一緒だった伊月さんと「企業の姿勢の違いを感じる」と絶賛です。敢えて言えば、出発までのアナウンスになにか配慮があると有り難かったと思います。

逆にJALはアナウンスはありましたが、最初の案内から全く早まっていませんでしたので、正直なところ、努力してくれた印象は持てませんでした。何となく、3月の震災の時、早々とその日のうちの運行停止を宣言したJRと印象が重なってしまいました。
 
企業の姿勢の違いというのは、いざというとき、大きな違いとなって現れるものだと改めて強く感じた次第です。
スポンサーサイト



日常 /  Trackback -- /  Comment --

△page top