FC2ブログ

士業(サムライ)日記  専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

大変動時代の到来 

【大変動時代の到来!】
by 伊月貴博

フィナンシャルリンクサービスの伊月です。

 昨年末の安倍首相の復活をスタートに、年明けから為替・株式市場は「大変動」を示唆する展開となっております。
「外貨は今、買いか?」というタイトルで、昨年の5月27日と6月6日の2回にわたり、当ブログに寄稿させて頂いた時の円ドルレートが70円台の後半でしたので、現在迄で、ドルが円に対して約20%上昇したことになります。
ブログの最後でも強くメッセージを出させて頂きましたが、昨年が長期円高トレンドの歴史的な最終局面であると考えておりましたので、昨年実施した各種セミナーやクライアントへのアドバイスの中で、外貨資産の組み入れを推奨させて頂いた結果、皆さんには非常に喜んで頂いております。

 また、昨年11月20日のブログ「オバマ再選後のマーケットと投資対象について」の中で推奨させて頂きました米国株も過去最高値迄後僅か、また不動産、金も上昇トレンドにあり、最後に触れさせて頂いた「シェールガス」も連日、メディアで取り上げられない日は無いくらいに注目を集めて来ております。

 実際、弊社で一定額以上の資産を管理頂いているクライアントに対しては、総合資産管理ソフトを活用したポートフォリオ分析と、日々変動する金融商品の評価損益をリアルで作成し、資産全体の「見える化」をサービスしてお届けしていますが、ここ直近2~3ヶ月で含み益に転じて来ているクライアントが急増しているのが現状で、特に、リーマンショック前に購入し、塩漬けになっていた投資信託等を保有するクライアントや、追加投資を相談したいクライアント、更には全く新規のお客様からの問合せも増えて来ており、嬉しい悲鳴となっておりますが、ここで私が最初にクライアントにアドバイスをさせて頂いていることは、目先のマーケット変動に一喜一憂しないこと、また、日々の売買益に捉われると言った、所謂「点志向」の発想からは脱却して頂くこと、更に今は、大局に立ってマーケットを見ていく重要なタイミングであり、市場からも分岐点となるシグナルが発せられている点をご理解頂いた上で、個別のアドバイスを伺うようにしています。
私は自身の経験からも、今年からのマーケットは「20年サイクル」の、大転換の年になる可能性が極めて大きいのではないかと予測しています。

 昨年迄の20年(1993年~2012年)を振り返ってみますと、「失われた20年」に象徴されるように、日本は長引くデフレ経済に苛まれた、閉塞感漂う時代でした。一方、その前の20年(1973年~1992年)はと言いますと、第一次、第二次オイルショック、プラザ合意、ベルリンの壁、ソビエト連邦の崩壊、日本は高度経済成長とバブル経済の崩壊を経験しています。そして今年、2013年からの市場の動きはまさに、昨年までの20年間のデフレ経済の終焉と共に、新たなる時代を示唆しているかのように思えてなりません。オバマノミックス、アベノミックスに象徴されるように、日米を始め、先進各国は徹底したゼロ金利と量的緩和で大量のお札を刷り続けています。昨今の株式、不動産の動きを鑑みても、いよいよ私たちは、長期インフレの時代に足を踏み入れたと認識しておく必要があるのではないかと思います。

 余談になりますが今年、2013年は伊勢神宮の第62回式年遷宮の年に当たるとのことです。聞くところによりますと、伊勢神宮の神様が20年毎に東から西へ、西から東へと移動され、今年は西に移動される年だそうです。神様が東におられる時代は「静の時代」と言われ、西におられる時代は「動の時代」と言われ、大きな変動が起きる時代とも言われており、これもなんとなく今年からのマーケットの動きに重なって来ます。

 以上、この20年周期というサイクルの前提に立ちますと、今年からの20年はまさに「動の時代」即ち「大変動の時代」の幕開けになると私は考えています。

 それでは、これから本格的に始まる大変動の時代を踏まえた資産運用について、留意しておくべきポイントをお話しして締め括りたいと思います。

 最も重要なカギは、1973年からの20年と、2013年からの20年とでは、同じインフレでもその中身は全く違ったものになる可能性が極めて高いということです。答えは以前、外貨のブログにも書きましたが「人口」です。1973年~1992年の日本の人口はまさにボーナス期と呼ばれ、毎年ずっと増え続けていました。人口増=経済成長でしたから、当時は日本国内の株式や不動産に投資していればそれなりに儲かった訳です。しかし、日本は1995年をピークに人口ボーナス期が終焉し、今は超少子高齢・人口減少社会に突入しています。失われた20年の間、日本が背負った借金は1000兆円を突破し、今もなお増え続けています。加えてこのタイミングでアベノミックスによる財政を出動させたらどうなるでしょう。目先、円安株高に動いていますが、この状態は明らかに日本の財政危機に火を炙る行為にしか思えない、非常に危険な政策であると言わざるを得ません。国債が売られて長期金利が上昇すれば、インフレはインフレでも悪いインフレ、即ち経済成長を伴わない、スタグフレーション、更にはハイパーインフレに陥るリスクが極めて高くなったと理解しておくべきではないかと思います。従ってインフレになったからと言って、日本の株式や不動産に昔のバブルのような上昇を期待するとまた痛い目に合う可能性が高いと思いますので、目先の雰囲気に煽られない冷静さが重要になって来ます。
この時点で言える事は、やはり日本人がこれからのインフレによる実質資産の目減りを防ぐ手段として「外貨資産」を保有しておくという基本路線は外せません。

 では、どういった外貨資産を保有しておけばいいのでしょうか。

 先程、日本の人口は減少しているとお伝えしましたが、世界の人口は増え続けています。総務省の発表によりますと、2050年には世界人口は93億人、アジアだけでも51億人になると予想されています。日本の人口は減ろうとも、世界全体で見ると、人は増え続けています。つまり、現代における経済成長要因を人口とすると、世界全体の経済は成長し続けているという事になります。

 となるとやはり、オバマ再選後のブログにも書きましたが、先進国で人口が増え続けている大国、アメリカへの投資は理に適っていることになります。また、2050年には世界経済の40%を占めると予想されているアジアへの分散投資も魅力的です。
こういった、健全な人口増と経済成長によるインフレ期待が持てる国、地域への長期分散投資をお勧めします。

 資産クラスとしては、長期インフレという前提に立てば、上記地域の株式・REITを中心に、インフレに強いと言われる、金を中心としたコモディティーをポートフォリオに加えておくのもいいでしょう。
また今は、50年に一度?と言われる、債券バブルの中にあって、株式、REIT、外貨が上昇しているという状態でもありますので、債券は最後の「売り」タイミングである事は明らかですから、清算する資産は清算し、ポートフォリオの見直し、またリバランスをかける絶好のチャンスです。

 以前から申し上げて来ました通り、この場で具体的な個別商品をご案内する事は出来ませんが、例えば投資信託一つを取っても、上記の投資対象に該当するファンドだけで数百本はありますので、やはりクライアント様それぞれのリスク許容度、投資意向、金額、期間等によってアドバイスさせて頂く内容も全く違ったものになります。

 ご関心のある方はお気軽に弊社までお問合せ下さい。
 資産運用も二極化していく時代に突入しました。来るべき大変動、長期インフレ時代に対応した運用を確り行って行けば、適正な財産が築けるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



会社経営 /  Trackback -- /  Comment --

△page top