FC2ブログ

士業(サムライ)日記  専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

専門家集団・丸の内アドバイザーズのブログ

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

遺言書の書き方ご存じですか ② 

【遺言書の書き方ご存じですか ②】
by 加藤雄一

 みなさまこんにちは。私は丸の内アドバイザーズグループの登記関係を担当しております。司法書士(四谷司法事務所)の加藤雄一です。

次回に引き続き、遺言についてです。

公正証書のメリット②―――なんといっても公正証書
 その名のとおり、公正証書遺言は公証役場が作る公正証書です。つまり、作成の段階で偽造がほぼあり得ないということです。本人確認もしますし、本人に意思がなければ作成できません。

 遺言をする際は、証人2名が立会のもと、公証人が遺言者に文案を読み聞かせ、遺言者の口述を得て、内容を確認して行われます。公正証書遺言が否定されうる場合は、遺言者が替え玉だったとか、遺言当時すでに意識がほとんどない状態であった、証人となる人が実は証人としての適格性を欠いていた(この遺言の利害関係人だった)など、特殊な場合しかありません。

 つまり、公正証書にするということは、偽造防止、改変防止、間違い防止ということが言えます。ですから、次のメリット③につながる特典がついてきます。

公正証書のメリット③―――スピーディーな権利行使が可能
 自筆証書遺言の場合、その遺言自体が、遺言としての体裁が整っているのかなどをチェックするため、「裁判所での検認」という手続が必要となります。

 これは、関係相続人全員に、「遺言がありましたので、ついては○月○日に家庭裁判所にて検認手続を行います。」という感じで裁判所から通知が来て、出席者同席のもと開封や検認作業を行います。こういったひと手間が無いと、遺言に記載されている内容を実現することはできないことになります。

一方、遺言の体裁が整っている公正証書遺言の場合はこういった手続は不要です。

 ところで、公正証書を作成する際、私は遺言執行者を記載することを絶対お勧めしています。遺言執行者とは、簡単に言うと「書かれている遺言を実行する人」のことです。
「相続財産をAに贈与する」という遺言の場合に、遺言執行者がいないと、相続人全員からAに贈与する手続をしなければならなくなってしまいます。
遺言執行者がいれば、その人がAに贈与する手続をすれば良いのです。

 遺言執行者の記載が無ければ家庭裁判所に申し立てをして、遺言執行者を選任してもらうこともできますが、最初から選んでおけばひと手間省けるわけです。大体、財産をもらうことになる人を遺言執行者にするといいと思います。(遺言作成に関与した弁護士さんや信託銀行のような法人を遺言執行者にする方もいらっしゃいます。)

 遺言執行者は遺言の記載内容を実現していくことになります。具体的には銀行の口座の名義変更や貸金庫を開錠・不動産の登記の名義変更等をしたりします。
 一方遺言執行者の記載が無い場合は、相続人全員が協力して手続を行うか、別途家庭裁判所に遺言執行者の選任の申し立てをします。

 つまり、手続を相続人みんなが協力してくれれば問題は無いのですが、一人でも反対の方などがいる場合は、遺言の内容の実現ができなくなってしまうため、遺言執行者の存在が重要となります。

 ここまで来るとお分かりかと思いますが、公正証書遺言を作成し、遺言執行者まで選任した遺言であれば、相続開始後の手続がさらにスピーディーになるわけです。

 気になる公正証書遺言の費用は、以下の日本公証人連合会に掲載されています。
http://www.koshonin.gr.jp/hi.html
この他に、
・証人2名の日当
・関与した専門家への報酬
・その他情報を収集するための費用(住民票代とか)
があり、各種費用を込みで約10万円とお考えいただいた方が良いと思います。(作成する遺言の内容・分量・対象となる財産の価格・出張の要否等で公証役場への金額が違ってきます。)

 遺言の案件の場合は、お会いして話を聞いているとその方の人生が見えてくるようで、「お客様の思いを大切にしたい」という気持ちになります。
ご自身の遺言や相続などはまだまだ先のこととお考えかもしれませんが、考えておいて絶対損ではありません。お気軽にご相談ください。

 手前味噌ですが、丸の内アドバイザーズでは私の他、各士業の専門家がいますので、遺言の手続きだけでなく、財産分与や税務問題等の相続対策、や資産運用、会社を経営している方なら事業承継の問題など、お客様の多くの声を私達にお聞かせいただければ、きっと力になれるものと考えます。

※なお、ここに記載してあることは、あくまで私個人の考えに基づくものです。このブログの記事に記載したものが、全案件に適用できるものとは限りません。ご自身での判断材料の一つにしていただくのは構いませんが、実際の案件に適用した際に損害が発生したとしても当方では、責任を負えませんのでご了承ください。
スポンサーサイト



事業承継・相続 /  Trackback -- /  Comment --

△page top